基本、凝り性です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「ねないこだれだ」Tシャツを自作

こんにちは。お久しぶりです。
もうすっかりブログの存在自体、忘れておりました。

古い記事にコメントいただいて、自分のブログを読み返してみたら結構楽しかったので、久々に更新です。

多くの子どもたちにトラウマを植え付けているという噂のせなけいこさんの絵本「ねないこだれだ」

私も子どもの頃読んで、とっても怖かったです。寝れなかったりしたときに「ああ、悪い子で寝てない訳じゃないの!!だからオバケ来ないで!」なんて思った記憶があります。


で、その「ねないこだれだ」のオバケTシャツが販売されているんですねー。
categorytop_2483_58080.png

かわいい!!欲しい!!と思ったのですが、お値段が・・・・。
子どものTシャツにこの値段は、ちょっといやだなーと思ったので、自作してみることにしました!

材料は、無地のTシャツに



熱転写タイプのシート


画像を読み込んで、それだけだと、解像度不足なので、イラストレーターでトレースします。
IMG_7835.jpg


あとは、アイロンでギューギューするだけ。

IMG_3414.jpg

出来上がりはこんな感じ。
写真では見えませんが、袖口に名前を入れて、背中の下のほうに「ねないこだれだ」って入れてみました。

せっかくなので、2パターン作成。
IMG_5399.jpg
写真がピンボケですみません・・・。

材料費は、800円くらいかな?
楽天で買った、激安の無地のTシャツが、すっごく品質が良くてびっくりでした。
厚手でやわらかくて、とってもいい感じ

どのくらい洗濯に耐えうるか疑問ですが、手作りってことで、とっても喜んでいるK氏。
保育園で自慢しているようで、いろんな先生に「手作りなんですって?^^」と声を掛けられます。




にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
更新の励みになります!
ぜひ、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪

スポンサーサイト

 

子供のハミガキに

子供のハミガキってどんな感じでしていますか?

我が家は、子供が自分で磨くときは、水のみ。
自分で磨いて、ぶくぶくぺーをしたら、その後に私(もしくはNさん)が仕上げミガキをします。

「仕上げは、おかーあさーん♪」っと歌いながら来ます

仕上げに使うのは、デンタルフロスとフッ素ジェル。たまにタフトブラシも使います。

デンタルフロスは、これを使っています。

糸だけのやつだと、片手でできないので、これはなかなか重宝しています。

そして、超オススメなフッ素ジェルがこちら。

ホームジェルです。

通っている歯医者さんがおすすめしてくれて、以来、愛用しています。
大人には、アレですけど甘くて、おいしいそうです。
我が家では、「オイシイオイシイ」という愛称で呼ばれています。

パッケージもかわいい。
ポンプ式の方が、断然お得。一度買うと、いつ買ったか忘れるぐらいあります。
ポンプは、片手で付けられるし、子どもも自分でできるのが◎

味は、こちらのチューブタイプの方がたくさんあります。

お試しでチューブを買って、好きな味が決まったらポンプを買うといいかも。

最初から、このジェルで磨いているせいか、我が家は歯磨きを嫌がることはほとんどなかったです。
むしろ、歯ブラシ吸ってる?!みたいな。

保育園や幼稚園では、お昼御飯の後、歯磨きタイムがある園って意外とすくないですよね。
あったとしても、とてもちゃんと磨けてるとは思えない…。

予防歯科にすごーく力を入れているうちの歯医者さんが言うには、保育園・幼稚園時代はきちんと磨くことも、もちろん大切だけれど、まずは「虫歯にならない歯にする」ことが大切なんだそうです。

それから子どもの歯ブラシは、ドラッグストアで買う場合、1つ小さいサイズを選ぶのがポイントだそうです。

あ、そうそう大人もフッ素は大切ですよ
私がつかってるのは、これ。

お試しもみつけました!

日本も水道水にフッ素を混ぜてくれれば良いのにって思います。
効果がちゃんと証明されているのにさー。

それにしても、M氏。
もう7歳なのに、イマイチへたっぴーです。
仕上げ磨きをしてみると、一体どこを磨いていたの?っていうぐらい汚い。
まだまだ当分仕上げ磨きが必要な感じです。



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
更新の励みになります!
ぜひ、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪

 

JIPPON~made in Japan を応援したい!~

M氏とK氏、めずらしくおそろいの服を買いました。
jippon.jpg
こちらのパンツは、JIPPONのもの。

「ガイアの夜明け」で特集をされて、ご覧になったかたもいるのでは?

ジポン(jippon)の子供服は岡山県倉敷市児島の「内職主婦軍団」が作っています。
パーツ毎、部位毎に、ミシンを踏んで40年!なんていうのおばちゃんたちが手作りしているのです。

厳密に言うと、マーキーズという会社が岡山県倉敷市の「マルミツ・アパレル」に製造を委託して作っています。

児島は、昔からジーンズや学生服の生産拠点だったそうですが、中国製の安価な服に押され産業は衰退。
そこへ、マルミツアパレル社長が「内職」しませんか?と声をかけ、この内職主婦集団が活躍しだしたそうです。

おばちゃんたちは、高度な縫製技術を訓練した、優秀な服飾の専門学校生が10分かかる作業を1分20秒位で仕上げてしまうという凄腕の持ち主たち。

テレビでも、実際に作っている姿が映っていましたが、まさに神業!
「ミシンは体の一部」なんだそうですよ!

我が家で愛用しているのは、ウエストにゴムが入っているタイプのパンツなのですが、ゴムがピシッとしていて、
モゴモゴせず、縫製はどこを見てもさすがの仕上がり。
シルエットもきれいで、ガンガン洗っても、型崩れなし!
jippon-1.jpg

もう、さすが!!という感じです。

それでいて、お値段は、1,995円!
2人だって、3人だってお下がりできちゃいそうな作りで、このお値段。
過酷な?遊びを繰り返す、保育園児には、ぴったりだと思います。

もちろん着心地もバッチリで、我が家の2人はタンスからこの服を選んできます。
子どもながらに違いがわかるんですねー。

取り扱いが限られているので、我が家は、吉祥寺コピスで購入しています。
楽天でも取り扱いがあるみたいですね。

今回購入したのは、こちらのタイプ。




西●屋のお洋服とかに比べれば、確かにお値段は張りますが、ぜひ一度試してみて欲しいです。
その差は、歴然です。

また、別ブランド「GYN」をひっさげて、中国への進出も始めたということ。
こちらには、おばちゃんのマークが付いています。
GYNの方が、ちょっとお値段が高いです。


いまや、有名ブランドの服すら、MADE IN CHAINA一色。
地域の産業に力を!
ぜひ、応援したいMADE IN JAPANです。



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
是非、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪






 

バランスチェア比較~後編~

さて、昨日の続きです。→前編の記事はこちら

先日の3連休、雪の中、新宿までバランスチェアの試乗?に行ってきました。

とりあえず、向かったのは、Living Design Center OZONです。
OZON.jpg
入り口を抜けて、コンランショップ内のエスカレーターを上がり、5階のNordicformに展示されています。
NORDICFORM.jpg

早速、座って見るM氏。
リボ社1
おお!!背筋がピン!!

「いいかんじ~♪」と喜ぶM氏。

良かった!
一般的な椅子の形をしていないから、なにこれ?と言われるかと思ってたけど、どうやら気に入った様子。

しかし、前回の記事にも書いたのですが、私の個人的なデザインの好みとしては、ヴァリエールが好きです。
なので、こっちにも座ってみようよーとおススメ
ヴァリエール2

…あれ?なんだかしっくりこない?
もちろん、ジュニアアタッチメントがついていないので、適正身長外なのは分かっているのですが…それだけでは、ないような。

えーと、うまく説明できるか分からないのですが…

M氏は、現在身長117cmです。
座面の下に、アタッチメント(35mm)を付けるとすると、よりヒザ当てからは遠くなりますよね。
そうするとズリ落ちてしまう形になるので、それを解消するためには、座面を寝かせる方向に動かすことになると
思います。
ヴァリエール1

そうするとバランスチェアの機能(傾斜のついた面に座ることによって背筋が伸びる)が生かされない感じになるんじゃないかと。(これは、お店の方もおっしゃっていました)

リボの方がM氏自身もしっくり感じているようです。
クッションが効いていて、単純にすわり心地がいいのかもしれません。

やっぱり試してみないと分かりませんね。

お店の方の話では、場所を移動させて使うような目的の場合には、ヴァリエールをお勧めしますが、そうでないなら座り心地の点では、リボ社に軍配が…とのことでした。

もう一つ、私の中でリボ社のバランスチェアは、ヴァリエールに比べ、かさばって大きいイメージだったので、実際に並べて比較してみました。確かに一回り大きかったです。
比較2 比較1
でも、まあ許容範囲と思える差ですかね。
長時間・長期間座るものなので、やはり座り心地が第一です。

珍しく、この時点でもうコレにしよう!と決めました。
もともとHAG社は第三希望だったので、リボ社で納得が行けば、それで良いかな、と。(大雪のせい?

そして、実は、リボ社のバランスチェア、3月まで限定北欧ファブリックのカバーが販売されています。
有名どころぞろいの北欧ファブリックたち、どれもかわいー!!


M氏は、下の2択で悩んで、悩んでBirdLandの方にしました。
限定北欧ファブリック HOKUO.jpg
椅子の張り地は、机や我が家の建具と合わせてダークブラウンにしました。

あ、そうそう。

お会計時にうれしい誤算がありまして
いま、リボ社の椅子は、円高還元キャンペーン中(2011年3月31日まで)で37,750円なのですが、

さらに!CLUB OZONのメンバー申込書に名前を書くと、10%OFFになるそうです
(入会金無料、年会費1500円のカードは、ポイントが溜まるだけでなく、いろいろ特典があって、楽しそうですが、お店で申込書を記入した後、自身で投函して申し込みとなるので、実際に申し込まなくても良いみたいです。私は、ちょっと検討してみようかな、と思っています。年4回送られてくる雑誌もいい感じだし。)

リボ社のバランスチェアは、ネット上でもほぼ割引販売はないと思うので、この10%は、大きいです。
ちなみに、カバーも10%OFFの対象です。

椅子の配達は、お雛様が終わった後の週末にしました。
届くのがとっても楽しみ!


K_20110215122357.jpg
おまけ:ああ、今回も僕の買い物じゃないんだ…と、たそがれるK氏。



ながーい記事にお付き合いいただきまして、ありがとうございます!
ちょっとは、バランスチェアを検討されている方の参考になったかなあ・・・



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
是非、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪



 

バランスチェア比較~前編~

子どもの学習用の椅子は、「バランスチェア」にしよう!と言うのは、ずいぶん前から決めていました。
小学校3年の頃「キコクシジョ」のお友達の家で、自然と背筋が伸びてしまう不思議な椅子に衝撃を受けた私。
なぜか、親にねだったりはしなかったけれど、ずっと「いいなー」という思いがあったのだと思います。

ネットで検索すると、無名メーカーのものすごい安いバランスチェアもあって、まさにピンキリ状態ですが、予算やメーカーの信頼性などを考え、私の中では3択でした。

1.ヴァリエール社「バランスチェア マルチ」
(期間限定5%OFF、銀行振り込みなら8%OFF)
私の中では、これが第一候補でした。

適正身長は、130cm~。
ただし、ジュニアアタッチメントと言う部品をオプションで購入することが出来ます。
multi-attachment.jpg
単なる木片なんですが、コレを座面の下に咬ませることにより、身長110cm~135cmまでから対応可能。

7年間の保障がついています。
ビーチ材の木部は、基本ナチュラルカラーのみですが、別注で、木部の色をブラック・ダークブラウンに変えることも出来ますし、張り地も選べます。

(こちらのショップで注文可能です。)
balans-multi-b1.jpg
M氏が使う予定の机が、ダークブラウンなので、この色特注が気になります!

折りたたみ可能で、フラットになります。
本国では、あくまで一時的な使用目的と書いてある(長時間の使用には向かない)という話もあります。

2.リボ/Rybo社「バランスチェア イージー」
 
第二候補は、こちら。通販生活で、有名なアレですw

イージーは、ひざ当てが無段階に調節できるタイプです。座面は調節できません。
適正身長は110cm~180cm
ブナの積層材と木部クロスバーはブナ天然木を使用。
木部色はナチュラル一色のみです。
ちなみに、木部は6年保証(消耗品以外)付き。

3.ホグ/HAG社 「5040 バランスチェア」

HAG社のバランスチェアが一番、細かい調節が出来そうです。
(座部調整範囲70mm 座部・膝部・前後にネジ3段階調整可能)
キャスター付き。
後付でサポートパイプを取り付けることが出来ます。
適合身長は、やはり130cm以上です。

適正身長が100cmからの5064もありますが、逆にこちらは、135cmまでしか対応できません。


ここから先は、やっぱり実際座ってみないと。
そんなわけで、この3社のものを試してみることにしました。

バランスチェアを取り扱っているお店を調べてみたところ、新宿に行けば一番手っ取り早くヴァリエール・リボ・HAG社のものを試せるという結論に達しました。

アクタスには、ヴァリエール社のマルチが展示されています。ジュニアアタッチメント付のものもあります。

大塚家具 新宿ショールームには、HAG社のバランスチェアがそろっています。
どなたかの役に立つかもしれないので、一応品番も書いておきます。
下記品番が展示されているそうです。

4.25 バランスチェアイージー(2011年1月で販売終了)
5040 バランスチェアサポート
5064 バランススタディ
5064j バランススタディジュニア
5090 バランスマルチシット

OZONには、リボ社のバランスチェアイージーとヴァリエール社マルチがありますが、ヴァリエール社のものには、ジュニアアタッチメントがついていません。

他には、家具の大正堂さんなんかも多く取り扱っているみたいですね(詳細要確認)

だいぶ、長くなってしまったので、続きは明日にします!



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
是非、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪



 

キャラものじゃない鉛筆削り!

新入学にむけて、卓上の鉛筆削りを購入する方も多いかなーと思います。
いつも机の上に置いておくえんぴつけずり。
一度買ったらなかなか買い換えないですし、お気に入りのものを選んで欲しいところです。

3年ぐらい前に、M氏のために鉛筆削りを買おうとしたら、電動かキャラものかプラスチックばっかりで、驚きました。

どうしてこうなんでしょうねえ。
「キャラクターつけとけば売れるだろ」とか「子どものものだから適当でいいや」的な考え方!

まあ、良いです。本題に戻します。

電動の鉛筆削りは、らくちんかもしれませんが、鉛筆の減りがすごーく早いです。
やっぱり手動でゴリゴリ削った方が、良いと私は思います。


さて、我が家の鉛筆削りはこちらです。(我が家のは、赤)
 ELM-148
芯の調整はできませんが、別に不自由を感じたことはありません。
削り加減ぐらい自分で調整できます。M氏は3歳から使っていますので、子どもの力でもらくらく削れることは実証済み。

もう一つ大きいサイズもあります。
ELM-168


こちらは、Bung Ryodo-文具良道- 日本の老舗文具メーカー:カール事務器製。存在感たっぷりです。


和のデザインということですが、なんだかちょっと機関車っぽい?艶消しな感じが渋くて良い感じ。

カール社のもっとシンプルなのもあります。
Angel5プレミアム(このネーミングどうなの・・・?)

これは、新商品だと思います。以前はなかった。レトロな感じがかわいいです。
鉛筆にキズが付かないゴムの留め金です。

個人的には、金属の鉛筆削りが、ずっしり重くて安定してすきなのですが、たとえプラスティックでも

色鉛筆で有名なファーバーカステルの子供用の鉛筆削りは、こんな感じ。


ドイツ・DAHLE/ダーレ社は、世界中で定評のあるゾーリンゲンの刃物の良さを事務機器製造に活かし、裁断器、シュレッダー、削り器、ハサミ等のカッティング機器を製造しているメーカー。

ダーレ社の小鳥をイメージした鉛筆削りです。
ダーレ111型

 ダーレ101型

ダーレ社のシンプルなやつだとこんな感じです。
ダーレ133型


カール社のディケイドは、カメラを思わせるデザイン。すっきりしています。


LINEX社
 LYRA社

ダーレ社166型 X-ACTO

お好みのデザインはありましたかー?
皆様が、すてきな鉛筆削りに出会えますように!




にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
是非、クリックお願いします

子育てスタイルに参加中♪

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

とびはねぎ

Author:とびはねぎ
小学校1年生のM氏♀と3歳のK氏♂と相方であるボーズ頭の建築士と4人暮らしです。兼業主婦。

東京の西の方に住んでいます。「村」って感じです。

街からの訪人は、帰り際、うちの村の駅前に行くと必ず 「でも、いいね。空が広くて」といいます。

「でも」ってなんですか?

いくつになったの?
どうせ買うなら・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。