FC2ブログ

基本、凝り性です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国をつくるという仕事」

珍しく予定のない日曜日。
車で30分ほどのショッピングモールに行ってきました

冬物がLAST OFFになってるかしら??と期待して行ってみたのですが、案の定投売り状態でした。

どこのアパレルメーカーも業績わるいんでしょうねえ。
すごい値引き率でした。

大賑いのショッピングモールでしたが、片隅で、国連UNHCR協会が募金活動をしていました。
かなりひっそりでしたけど。

テレビの画面に映った難民の子どもの姿にM氏、釘付け
早速、「なんみんってなにー?」の質問攻撃。

うーん。最近は質問も難しくなってきました

「えっとね、難民っていうのは、戦争やいろいろな理由で、自分の国に住めなくなっちゃった人たちのことでね、おうちから遠いところで暮らさなくちゃいけなくてね、食べ物やお金もたくさんないし、お医者さんもいなかったりして、とっても困ってるの。だから、このおじさんたち(国連UNHCR協会の人)は、そういう人を助ける仕事をしてるんだよー。」

・・・あってます??かなりしどろもどろな私。

わかったのか、わかってないのか?? でも、「おじさんたち、すごいねー」と言っていました。
そもそも、M氏は、「戦争」すら、わかってないのでは?

さて、こんな話題になったので、今日は、最近読んで良かった本をお勧めします。
ちょっと紹介が長くなっちゃうんですけれど・・・
国を作るという仕事

国をつくるという仕事


著者の西水美恵子氏は、女性としても日本人としても初めて世界銀行地域担当副総裁となった人物です。

貧困との闘いにおける各国各地域のリーダーシップを支援。
自ら貧村にホームステイを行うなど、つねに「現場」に根ざした「国づくり」を推進。また、世銀の内部でも組織改革に取り組み、その手法は経営学界で高く評価されています。

プリンストン大学で教鞭をとること数年間。
その平穏な学究生活に、不意の転機が訪れた。

待ちに待った研究休暇の一年を世界銀行で、との誘い。

当時、世銀チーフ・エコノミストとして活躍し、経済開発政策と研究所を担当していた著名な経済学者ホリス・チェネリー副総裁は契約に条件をひとつ出した。

 一国でもいいから発展途上国を訪ね、国民の貧しさを自分の目で見てくるように。

世銀の視察団に付いてエジプトの首都カイロへ行った彼女は週末のある日、ふと思いついて、カイロ郊外にある『死人の町』に足を運んだ。

そこは、邸宅を模す霊廟がずらりと並ぶイスラムの墓地に、行きどころのない人々が住み着いた貧民街だった…

「・・・その街の路地でひとりの病む幼女に出会った。ナディアという名のその子を看護に疲れきった母親から抱きとったとたん、羽毛のような軽さにどきっとした。

緊急手配をした医者は間に合わず、ナディアは、私に抱かれたまま静かに息を引き取った。

ナディアの病気は、下痢からくる脱水症状だった。
安全な飲み水の供給と、衛生教育さえしっかりしていれば防げる下痢…。
糖分と塩分を溶かすだけの誰でも簡単に作れる飲料水で、応急手当ができる脱水症状・・・。

誰の神様でもいいから、ぶん殴りたかった。天を仰いで、まわりを見回した途端、
ナディアを殺した化け物を見た。

きらびやかな都会がそこにある。
最先端をいく技術と、優秀な才能と、膨大な富が溢れる都会がある。
でも私の腕には、命尽きたナデイアが眠る。
悪統治。民衆など気にもかけないリーダーたちの仕業と、直感した…」

ナデイアの死は、西水の髄に火をつけた。学窓に別れを告げ、貧困と戦う世界銀行に残ると決めた・・・


そんな筆者が世界の国々で世界のリーダーたちと「国づくり」について真剣に考え、信念をもって行動した熱い熱いエピソード集。

とにか くエネルギッシュ。そして、なんといっても、男前なかっこいい文章!!

テーマとしては、お堅いイメージかもしれませんが、そんなことなく、グイグイ読めてしまう。

お薦めです


関連記事
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

とびはねぎ

Author:とびはねぎ
小学校1年生のM氏♀と3歳のK氏♂と相方であるボーズ頭の建築士と4人暮らしです。兼業主婦。

東京の西の方に住んでいます。「村」って感じです。

街からの訪人は、帰り際、うちの村の駅前に行くと必ず 「でも、いいね。空が広くて」といいます。

「でも」ってなんですか?

いくつになったの?
どうせ買うなら・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。